YouTubeチャンネルはこちら!

運悪く「杜王町」に引っ越してしまった人あるある【4部&8部の世界】

今回の記事は第8部「ジョジョリオン」やスピンオフ『岸辺露伴は動かない』の内容を含みます。

未読の方はネタバレに注意してください。

 

ジョリミ

こんにちは!

ジョジョマニアのジョリミです!

 

今回は、運悪く杜王町に引っ越した人あるあるについて考えてみます!

 

それじゃあ行ってみましょう!

動画で見たい人はこちら!

 

 

1 アンジェロ岩に驚く

アンジェロ岩は第4部の杜王町にある大岩のことです。
杜王町定禅寺通りのバス停を3番乗り場で下車すると徒歩一分の距離にその大岩はあります。
大岩にはY字に繋がった眉と鼻、魚のようなぎょろりとした目、厚ぼったい唇が浮かんでいます。
しかし、その不気味な外見とは裏腹に町民からは待ち合わせスポットとして親しまれています。

そして時折、この大岩は「……アギ」と小さく鳴きます。

 

なぜ、アンジェロ岩は人の顔のような形をしているのでしょうか?

なぜ、鉱物のはずなのに鳴き声がするのでしょうか?

実はアンジェロ岩はただの岩ではないのです。
かつて杜王町にやってきた殺人鬼が、この大岩には埋め込まれているのです。

殺人鬼の名は「片桐安十郎」。通称、アンジェロです。
アンジェロは殺人や強姦など様々な罪を犯した死刑囚でしたが、獄中でスタンド能力に目覚め脱獄し、杜王町にやって来ました。

その後、仗助と戦い、今まで殺してきた人間の供養として仗助のクレイジーダイヤモンドの能力で岩と一体化させられます。
そして最後は仗助の髪型をバカにしたことで人間としての原型も残らない姿に変えられてしまいました。
それ以降、彼はアンジェロ岩となり永遠に生き続けることになりました。

初めて杜王町にやってきた人はアンジェロ岩の「……アギ」という鳴き声にまず驚き、そしてこの由来を知ってさらに驚くことになるでしょう。

 

 

2 振り向いてはいけない小道に迷い込み、振り向いてしまう

「振り向いてはいけない小道」は第4部の杜王町にある小道です。コンビニ「オーソン」と薬屋「ドラッグのキサラ」の間にあります。
しかし、この小道への入り口はどういうわけかほとんどの人には見えず、地図にも載っていません。
小道が見える人にはコンビニと薬屋の間にある道に見えますが、見えない人にはコンビニのごみ箱がおいてあるただの隙間にしか見えません。

「振り向いてはいけない小道」はあの世とこの世の狭間にある場所で、杉本鈴美が殺された当時の町並みがそのまま残されています。
小道の周囲にある家々は全て空き家で、自販機の電源なども落とされた状態になっています。

この小道から脱出する方法は出口を見つけて、抜け出すことですが、出口は地縛霊の杉本鈴美しか知らず彼女から教えてもらわない限り、永遠に小道を彷徨うことになります。

また、出口を教えてもらってからも注意が必要です。
出口へ向かう一本道、その途中で絶対に振り向いてはいけません。

もしも振り向いてしまうと小道に住まう「何か」にあの世へと連れていかれてしまいます。

 

要は振り向かなければいいだけの話ですが、小道に住まう「何か」は非常に狡猾(こうかつ)で、後ろから吐息をかけたり、鈴美の声で「もう大丈夫」と声をかけ振り向かせたりします。

もしもあなたが杜王町に引っ越してきて、この小道に迷い込んだ場合はお気をつけください。
可能なら鈴美と一緒に出口を目指すことをお勧めします。

 

 

3 吉良に殺される

もしも、杜王町に引っ越してきたあなたが女性で、しかも綺麗な手の持ち主だったとしたら……ご愁傷様、あなたの命はないでしょう。
杜王町には吉良吉影という殺人鬼がいます。
彼は手の綺麗な女性に欲情していて、そのような女性を48人も殺してきました。

もしも吉良に目をつけられてしまった場合、あなたは首を絞めて殺され、最後は彼のスタンド「キラークイーン」によって手以外、跡形もなく消し飛ばされてしまうでしょう。
そして手だけになったあなたは腐るまで吉良に愛でられ続けることになります。

しかもかわいそうなことに、吉良はスタンドで殺人の証拠は全て消してしまうので、あなたが殺されたことは誰にも知られません。
あなたはただ、行方不明者として数えられるだけでしょう。

 

吉良に殺されたくないのなら、普段は手袋をするか、ポケットに手を入れておくことをお勧めします。
でなければあなたは吉良の恋人にされてしまうでしょう。とてももの静かな恋人に。

 

 

4 ごま蜜団子の食べ方を誤り大惨事

第8部の杜王町の名物、ごま蜜団子を食べる時は用心してください。

初めて食べる時はなおさらです。でないと大惨事になります。

 

ごま蜜団子は白い生地に黒ゴマを使用した蜜がたっぷり詰まった和菓子です。
特徴としては噛むと生地の中から蜜が口の中に飛び出してくるようになっていて、うまく食べないと口から蜜が飛び出してしまいます。
そのため食べる時にはコツが入ります。
『前歯で嚙むのではなく、奥歯で嚙む』これがごま蜜団子を食べる時のコツです。
8部ではヒロインの広瀬康穂が主人公の東方定助にそのコツを教えましたが、定助は話を聞かなかったため前歯の間から盛大に蜜をぶちまけていました。

コツを知らない人は高確率で定助と同じ轍を踏むことになるでしょう。

 

ちなみにこのごま蜜団子、岩手県に存在する和菓子屋「松栄堂」の「ごま摺り団子」がモデルになっています。

気になった方はぜひ食べてみてください。果たしてあなたは綺麗に食べることが出来るでしょうか?

 

 

5 カツアゲロードでカツアゲに遭う

8部の杜王町にはカツアゲロードという道が存在します。

そこを通った人間は高確率で、カツアゲに遭うという道です。

ここを通るといつの間にか水槽を割ったり、スマホを壊したりしてカツアゲロードの住人からゆすられてしまうのです。

実はこのカツアゲロードに落ちているイチョウの葉の下には「オータム・リーブス」というスタンドが潜んでいてこのスタンドがイチョウを踏んだ人間をいつの間にか別の場所に移動させ、そして気づかないうちにまた元の場所に戻しているのです。

カツアゲロードの住人はこのイチョウの性質を知り、それを使って通りかかった人間にものを壊させていました。
スマホの動画で撮影してやっとわかるレベルの速さで移動させられるため、初見の人間には何が起こったかわからないまま、器物破損の容疑を着せられてカツアゲを受けてしまいます。

杜王町に引っ越したばかりの人はくれぐれもカツアゲロードだけは通らないようにしてください。

 

 

6 密漁すると死ぬ

スピンオフ『岸部露伴は動かない』に出てきた杜王町の「ヒョウガラ列岩」は、クロアワビの産地として一部の漁師や料理人に知られています。

ですがクロアワビは非常に貴重なため、漁師以外の人間がそこで漁をした場合、それは密漁に当たります。
かつての杜王町では密漁をして死罪になった人もいたそうです。

しかし、現在の杜王町では禁止されているものの、さすがに死罪になるほど厳しくは取り締まっていません。
文献によっては「密漁は芸術である」と述べているものもあるくらいです。抜け道もあり、監視をすり抜けて漁を行うことも可能です。

しかし、アワビは稚貝から海に放して成長し収穫できるまで5年はかかります。

育てている漁師の方々の日々のご苦労は想像も尽きません。

 

だから気に入った。

そう思ったそこのあなた。海岸に行ってみてください。
面白いようにアワビが取れます。そしてあなたは死にます。
大量のアワビが海流に乗ってあなたの体に張り付くからです。

一度張り付いたらハンマーで叩いても剝がれないそんなアワビが数匹から数10匹あなたの体に張り付き、あなたはみるみるうちに沈んでしまうでしょう。

 

杜王町に住んで日が浅い人間は「密漁は芸術」そんな甘い言葉に誘われて、海の藻屑と消えることになります。
杜王町に移住を考える方は、くれぐれもご注意を。

 

他の町では決して味わえない、奇妙な出来事を味わえる町、杜王町。

しかし、そこには危険が伴います。そんな危険も含めて「だから気に入った」という方はぜひ杜王町への移住をご検討ください!

 

ジョリミ

ということで今回は運悪く杜王町に引っ越してしまった人あるあるをお話しました!

いかがでしたか?

 

杜王町に引っ越したことのある方は、他のあるあるをコメント欄で教えてもらえると嬉しいです。

 

それじゃあ、今日はこのへんで!

バイバイ!