YouTubeチャンネルはこちら!

8部ラスボス透龍の実力 歴代ボスと比較!

ジョリミ

こんにちは!
ジョジョマニアのジョリミです!

 

今回は第八部のラスボス透龍の能力を歴代ラスボスと比較してみようと思います!

 

それじゃあ行ってみましょう!

 

動画で見たい人はこちら!

 

 

●透龍の能力

第八部のラスボス透龍は「ワンダー・オブ・U」というスタンド能力を持っています。
「ワンダー・オブ・U」は透龍を「追う」意思を持つものに「厄災」をもたらすという能力を持っています。
最初、「人にぶつかる」や「傘立てにぶつかる」などの軽い厄災ですが、次第に「傘立ての傘が足に刺さる」「雨粒が体を貫通する」など大きな厄災へと発展し、最終的に相手を死に至らしめます。

相手を寄せ付けないという意味では、逃走や防御においてかなり強いスタンドだと言えます。

さて、ではこのようなスタンドを持つ透龍と歴代のラスボスたちどちらが強いのでしょうか? 彼らの強さを比較してみましょう。

 

 

 

●VS ディオ

第一部ラスボス、ディオは吸血鬼なので不死身の体を持っています。加えて水分を気化させ相手を凍らせる「気化冷凍法」や目から体液を高速で発射する「空裂眼刺驚(スペースリパースティンギーアイズ)」など強力な技を持っています。


しかし、このように強力な技も透龍に届く前に「厄災」によって初動を潰され、透龍に届くことはないでしょう。
ただ、一方でディオは不死身なので「厄災」によってダメージを負っても回復してしまいます。
ディオなら致命傷を負いながらも透龍に近づくことが出来るでしょう。

東方花都の例を見ると「厄災」が身に降りかかった状態でも透龍に攻撃することは出来るようなので、傷が回復するディオなら透龍に攻撃できるかもしれません。


ただこれはあくまで「厄災」のレベルが低い間だけのことです。ディオが透龍を追いかけ続け、「厄災」のレベルが上がり続けた場合、不死身のディオの唯一の弱点である「脳」を破壊するような「厄災」が降りかかる可能性が髙いです。

結論を言うと、短期決戦ならディオに軍配があがる可能性が髙いですが、戦いが長引くほど透龍が勝つ可能性が髙いと思います。

 

 

 

●VS カーズ

カーズは「柱の男」なのでディオと同じく不死身の肉体を持っています。
ですので、ディオと同じように「ワンダー・オブ・U」で傷を負っても回復し、透龍に接近することが出来るでしょう。

ただ、ディオと違うのはカーズは究極生命体なのでディオのように「脳」が弱点ではない可能性があります。ですので、物理的にダメージを与えるような「厄災」はカーズに通用しないでしょう。
ただ、第二部ラストのようにカーズを大気圏外に追放する噴火のような「厄災」がふりかかれば話は別です。カーズを殺すことは出来ませんが、戦闘不能に追い込むことは出来ます。

強さを比べると、ややカーズの方が強いかもしれません。

 

 

 

●VS DIO

第三部のラスボスDIOは不死身の肉体に加えて、時を止めるスタンド「ザ・ワールド」を持っています。
もしも時を止めることが出来れば、止まった時の世界で動くものは存在しないので、DIOが「厄災」に襲われることもないと考えられます。
したがって時さえ止められれば、DIOが透龍に勝つ可能性は高いです。

しかし、「ザ・ワールド」発動直前に「厄災」が降りかかった場合、DIOは時を止められません。
次々と「厄災」が降りかかり、初動を潰され続けたとしたらDIOが透龍に勝つ可能性は低くなるでしょう。
第一部のディオと同じく脳が弱点なので「厄災」で脳を破壊されることになると思います。

「ザ・ワールド」発動が透龍攻略の鍵となるでしょう。

 

 

 

●VS 吉良吉影

第四部ラスボス吉良吉影は「キラークイーン」というスタンドを持っています。
「キラークイーン」には三つの能力があり、一つ目は触れたものを爆破する能力、二つ目は相手を自動追尾して爆破する「シアハートアタック」、三つ目はある特定の条件下において吉良を嗅ぎまわった人間を爆破し時を一時間巻き戻す「バイツァ・ダスト」。


様々な能力を持ち、作者の荒木先生も強すぎて倒し方が分からなかったという吉良吉影ですが、果たして透龍とどっちが強いのでしょうか?
もし、吉良と透龍が正面戦闘を行った場合、勝つのは透龍でしょう。触れたものを爆弾にする能力も、「キラークイーン」も発動しようとした瞬間、「厄災」が降りかかって阻まれてしまうと思われます。

一方、お互いに街に潜んで戦う場合、勝敗はまた変わってくるでしょう。
吉良が透龍を探そうとしたなら、正面戦闘を行う場合と同じく「厄災」が吉良を襲います。
しかし、吉良が透龍を追おうとせず、「バイツァ・ダスト」を発動していたなら吉良が勝つ可能性は高くなります。


「キラークイーン」第三の能力「バイツァ・ダスト」は非スタンド使いの人間にキラークイーンを憑依させて発動する能力です。もしも透龍が憑依した人間から吉良に関する情報が漏洩した瞬間、情報を知った透龍は爆破されます。
爆破を防ぐため憑依したキラークイーンを叩こうとしても、物理攻撃は一切通用しないので実質、爆破の阻止は不可能です。
街に潜んで戦う場合は、それは我慢比べになるでしょう。先に相手を見つけようとした方の負けです。

 

 

 

●VS ディアボロ

第五部のラスボス、ディアボロは「キングクリムゾン」というスタンドを持っています。
「キングクリムゾン」の能力はスキップ。数秒の間に起こったこの世の出来事をスキップし、なかったことに出来ます。

また「エピタフ」という数秒先の出来事を予知できるスタンドもディアボロは持っています。
「キングクリムゾン」と「エピタフ」を組み合わせれば数秒後、襲い来る脅威を察知したうえで、怒るはずだった出来事をスキップすることが出来ます。

つまり、透龍と戦った場合も「ワンダー・オブ・U」の能力で降りかかってくる「厄災」を察知し、なかったことに出来るということです。
もしもこのコンボが上手く決まれば、透龍を倒すことが出来るかもしれません。
ただ、「キングクリムゾン」には発動後、次の発動まで数秒のインターバルを必要とするという弱点があります。


インターバル中に厄災が降りかかった場合、防ぐ術がありません。ディアボロが透龍を倒すためには「キングクリムゾン」の発動のタイミングが重要になってきます。

 

 

●VS プッチ神父

第六部のラスボス、プッチ神父のスタンドは作中で二度進化しています。
進化前のスタンドは相手からスタンド能力を奪う「ホワイトスネイク」。


一回目の進化で、重力の方向をプッチ神父を中心に逆転させ、殴ったものを裏返す「C-MOON」に進化します。


そして二度目の進化で時を加速させる「メイドインヘブン」へと至ります。

この中で透龍に勝てるのはC-MOONだと思います。ホワイトスネイクは物理攻撃のスタンドなので、透龍に攻撃しようとした瞬間「厄災」に巻き込まれてやられてしまいます。
メイドインヘブンも時を加速したうえ、加速した時の中を自由に動き回れるという強力なスタンドですが、物理攻撃をしてくるスタンドには変わりないのでやはり「厄災」に巻き込まれてしまうでしょう。

一方、C-MOONにはプッチ神父を中心に重力を逆転させるという能力を持っています。


たとえばプッチ神父が道路に立っている場合、そこを通る車や人はプッチ神父とは反対側に水平に落ちていきます。
このような現象は透龍に直接敵意を向けているわけではないので、C-MOONの射程約3kmに透龍が入った瞬間、人や車が水平に落ちる現象に巻き込まれ事故死するでしょう。

 

 

 

●VS ヴァレンタイン大統領

第七部のヴァレンタイン大統領のスタンド「D4C」は並行世界を行き来する能力と、聖なる遺体によって手に入れた「ラブトレイン」という能力を持っています。
この「ラブトレイン」と言う能力は、大統領の周囲に次元の壁を作り出し、この世の吉良なるものだけを吸い寄せ、あらゆる害悪はどこか遠くへ飛ばしてしまいます。


おそらくその害悪には「ワンダー・オブ・U」のもたらす「厄災」も含まれているでしょう。
だからもし、透龍と大統領が戦った場合、勝者は大統領だと思います。
「ワンダー・オブ・U」の能力は「ラブトレイン」に完全攻略されてしまうでしょうから。

 

ジョリミ

ということで今回は第八部ラスボス透龍と歴代ラスボスの強さを比べてみました!

 

いかがでしたか?

 

今日の動画面白かったって人はグッドボタンを押してね!
透龍と歴代ラスボスどちらが強いかコメント欄で教えてください!

 

それじゃあ今日はこのへんで!
バイバイ!